アレルギーとは、身体の異物に対する過剰な免疫反応をいいます。元来、身体には外から入ってきた異物を排除しようとする、免疫という機能が備わっています。

この免疫が過剰に働き、通常は体に害のないもの(食べ物、ハウスダストや花粉など)にまで反応してしまうことがあり、これをアレルギー反応と呼びます。

アレルギーの原因

季節性アレルギー

花粉(スギ・ヒノキ・カモガヤ・ブタクサなど)

季節性としては、スギ(2-5月)、ヒノキ(3~5月)、カモガヤ(3~9月)、ブタクサ(8~10月)などの花粉が原因となり、毎年同じ時期に発症します。

通年性アレルギー

ダニ・ハウスダストなど

1年中症状がある場合には、通年性と呼び、ダニやハウスダストが原因のことが多くなります。季節的な変動はありますが、湿度の高くなる梅雨から夏や、暖房をして換気が少なくなる冬に増悪します。

眼科におけるアレルギー

アレルギー性結膜炎

アレルギー性結膜炎は、抗原に対するアレルギー反応により、結膜に炎症を起こした状態です。診察上は、瞼の裏に、充血や乳頭性変化という凹凸が見られます。主な症状は、掻痒感(かゆみ)や充血、結膜の浮腫(むくみ)、流涙などです。治療としては、抗アレルギー薬やステロイド薬の点眼により、ほとんどの場合改善します。
  • 核白内障

  • 核白内障

春季カタル

春季カタルとは、春に急激に悪化するアレルギー性結膜炎の重症型で、幼児から少年期に多く、アトピー性疾患の方にも多いです。病態としては、瞼の嚢の結膜が石垣状に増殖し、重症化すると角膜潰瘍が発生し、強い痛みと視力低下を起こします。

治療は、抗アレルギー薬やステロイド点眼に加え、最近では免疫抑制薬(タクロリムス)が効果を発揮することがわかっています。

コンタクトレンズとアレルギー

軽症の場合は、レンズの種類を変更したり、点眼治療することにより改善します。重症の場合は、巨大乳頭結膜炎を起こします。

根本的な治療は、コンタクトレンズの使用中止です。症状は、かゆみだけではなく、レンズが汚れやすい、ずれやすい、ごろごろする、メヤニが出るなどで発見されることもあります。

アレルゲン検査(血液検査)

花粉やハウスダストにもたくさんの種類があり、それ以外にもたくさんの種類のアレルゲンがあります。原因を同定するには、血液検査を行います。

花粉症、食物アレルギー、アトピー性皮膚炎などのアレルギー疾患がある方は、一度検査してみると対策になります。

アレルギー性結膜炎の治療

  • 抗原の回避
  • 抗アレルギー薬・ステロイド点眼
  • 免疫抑制薬点眼
  • 抗アレルギー薬内服治療

1.抗原の回避

最も大切な治療です。まず、何が原因のアレルギーなのかを診断し、その原因が避けられるものでしたら避けましょう。ハウスダストやダニ、カビなどは、徹底的な 掃除やこまめな換気、そして妨ダニ加工の寝具などで減らすことができます。

また、花粉に反応している場合は、花粉の多く飛散している日には外出を避ける、ゴーグルやマスクで防ぐ、外出から帰ったら、玄関の外で衣服をよく払って抗原を家の中に持ち込まないなどの対策が有効です。

2.抗アレルギー薬・ステロイド点眼

アレルギー反応は、抗原がIgE抗体を介してマスト細胞という細胞を脱顆粒させてることから始まります。 抗アレルギー薬は、このアレルギー反応の最初の引き金となっているマスト細胞を脱顆粒させないようにします。

そのため、点眼する際は、アレルギー反応が始まる前がよいとされています。花粉症の方は、花粉の飛散前からの点眼が有効です。アレルギー反応が繰り返し起きると、慢性炎症を起こし、主に好酸球が、角膜や結膜などの眼表面の組織を傷害します。

好酸球を抑制するには、現在のところステロイド剤が最も効果的な薬です。ただし、副作用として眼圧上昇があり、緑内障のリスクファクターとなりますので、使用には眼科での検査が必須です。

3.免疫抑制薬点眼

春季カタルに対する点眼薬です。重症のアレルギー結膜炎があり、抗アレルギー薬やステロイドに抵抗性を示すときに適応となります。

4.抗アレルギー薬内服

通常の点眼薬に内服を併用することで、効果が高まることがあります。

アレルギー対策となる食べ物

発酵食品

ヨーグルト、納豆、キムチ、味噌などの発酵食品には、乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌が多く含まれており、腸内環境を整えるのに有効な食品です。腸内環境が悪化すると、腸内で悪玉菌が増加し、免疫系のT細胞のバランスが崩れ、Th2細胞が優位に働き、アレルギー症状が起こりやすくなります。

青魚、エゴマ油、亜麻仁油

青魚に含まれるDHA・EPAや、エゴマ油・亜麻仁油などのω3脂肪酸を含む食品は、アレルギー症状を軽減する作用が報告されています。