抗VEGF硝子体注射は、糖尿病網膜症(黄斑浮腫)、網膜静脈分枝閉塞症(BRVO)、網膜中心静脈閉塞症(CRVO)、近視性脈絡膜新生血管(myopic CNV)に対する治療法です。日本国内で保険治療として認可されているのは、ルセンティス®(アルコンファーマ)とアイリーア®(バイエル薬品)です。

抗VEGF(Vascular Endothelial Growth Factor)とは、炎症性物質であるVEGFに対する抗体で、薬剤を直接を目に注射することで、眼内の炎症や浮腫、脈絡膜新生血管の成長をおさえます。今までの治療法よりも治療効果が高いことが多く報告されており、現在上記疾患の第一選択薬になりつつあります。

糖尿病黄斑浮腫(DME)に対する抗VEGF硝子体注射

適応

糖尿病網膜症のうち、黄斑浮腫を認める方に適応です。OCTによる画像診断で、のう胞様黄斑浮腫、漿液性網膜剥離、網膜膨化などを認め、視力低下がある場合に良い適応となります。

  • 皮質白内障

  • 皮質白内障

治療経過

糖尿病網膜症の初期である単純網膜症から増殖網膜症のどのステージにおいても、黄斑浮腫は起こりえます。注射回数は、単回で終わることもあれば、注射が効きにくい難治性の場合は複数回に及びます。治療中に、網膜全体の炎症を抑えるための、汎網膜光凝固(PRP)や毛細血管瘤凝固などのレーザー治療を併用することもあります。

網膜静脈分枝閉塞症(BRVO)、網膜中心静脈閉塞症(CRVO)に対する抗VEGF硝子体注射

適応

BRVOまたはCRVOを認め、黄斑浮腫を伴う場合に適応です。OCT検査で、のう胞様黄斑浮腫、漿液性網膜剥離、網膜膨化などを認め、視力低下がある場合に良い適応となります。

  • 皮質白内障

  • 皮質白内障

  • 皮質白内障

  • 皮質白内障

治療経過

BRVO、CRVOは、再発・遷延すると長期化しやすく、病状が沈静化するまでに、数年かかることもあります。発症した場合は、早期診断・早期治療が重要です。網膜に虚血領域を認める場合には、レーザー(網膜光凝固)治療を行います。黄斑浮腫が出現した場合には、抗VEGF硝子体注射が第一選択で、早めに注射することで、視力低下を防ぐことができます。

加齢黄斑変性による抗VEGF硝子体注射

適応と治療経過

滲出性AMD、PCV、黄斑下出血、病変部が中心下窩(subfovea)などで適応になります。注射1回で病状が沈静化することもありますが、複数回にのぼることもあります。

  • 皮質白内障

  • 皮質白内障

注射方法

前日まで

ご自宅で、事前にお渡しする感染予防の点眼薬をしていただきます。前日まで食事・運動などの制限はありません。

当日

当日は、検査用の点眼をした後、治療用のベッドに横になっていただき、点眼麻酔・消毒をして注射を行います。注射自体は数秒で終わり、痛みを感じる方はほとんどいません。注射後は、眼内に入った薬液によりしばらく見えづらいため、院内で安静をとっていただきます。

注射後から翌日以降

感染症予防のため、注射後は眼帯着用で、当日の洗髪洗顔は控えていただいております。翌日からは洗髪洗顔可能です。また、翌日から術後の感染予防の点眼をしていただきます。また、眼に異常がないかの診察があります。

注意点

  • ごくまれに感染症(目のなかに菌が入ること)があります。重篤な場合には失明にいたる場合もあります。注射前後は、抗菌剤の点眼が必要です。また、注射後に強い眼痛や充血などの症状がでた場合には、直ちに受診していただく必要があります。
  • 眼圧上昇、視力低下、眼痛、網膜出血などの副作用が報告されており、軽いものではしろめの出血や充血、重いものでは網膜剥離、硝子体出血などの合併症の可能性があります。

保険治療費

1回の注射で20000円~55000円程度の費用がかかります。高額療養費制度が適用される場合がありますので、詳細はお尋ねください。

*抗VEGF治療は、今までの治療に比べ治療効果が高いことが、多くの論文で実証されており、それぞれの疾患における治療の第一選択薬となりつつあります。ただし、健康保険が利用できるとはいえ薬価が高く、患者さまの負担が大きいため、当院では、患者様のご希望をお聞きし、最適な治療をご提案していきたいと考えています。