糖尿病では、血中の血糖値が高くなることで全身の血管が障害され、全身的に様々な合併症が起こります。眼科では、特に網膜の血管が障害されることによって起こる糖尿病網膜症(とうにょうびょうもうまくしょう)、白内障、虹彩炎、続発性緑内障、外眼筋麻痺、視神経症などがあります

糖尿病網膜症の原因

糖尿病では、血中の血糖値が高くなり、
  • 血管の内皮細胞が障害され血管透過性が亢進する(血管から水分が漏れ出てくる)
  • 小さな血栓ができて血管が閉塞する
  • 血管が閉塞した領域が酸素不足になり、血管を新しく作る因子(VEGF)が放出されて、新生血管(脆く破れやすい血管)ができる
といった現象が起こり、その結果糖尿病網膜症を起こします。

糖尿病網膜症の症状

糖尿病網膜症が軽度のうちは自覚症状がありません。より進行した状態である増殖網膜症や糖尿病黄斑症になると、視力低下、かすみ、ぼやけなどの症状が起こります。

糖尿病網膜症の経過

糖尿病の初期では、糖尿病網膜症は起こりません。しかし、血糖コントロールが悪い状態が続くと少しずつ血管が障害され、さらに罹病期間が長ければ長いほど、糖尿病網膜症を発症する危険が増します。このように、糖尿病では早期の診断・治療が大切です。

正常の網膜

糖尿病の初期では、網膜に異常は起こりません。この状態の時に血糖コントロールをきちんと行うと時間が経っても網膜症の発症リスクを減らすことができます。

単純網膜症

単純網膜症では、毛細血管瘤、血管から出血を起こし網膜出血、軟性白斑(酸欠になった組織)が出現します。この状態では自覚症状はほとんどありません。

増殖前網膜症

増殖前網膜症は、増殖網膜症の前段階で、血管が閉塞し血流が途絶えてしまう無血管野(血のめぐりが悪い領域)が出現します。レーザー治療が必要となってきます。この領域が広がり新生血管が出現すると増殖網膜症に進展します。

軽症増殖網膜症

網膜に新生血管(脆く出血しやすい血管)が生えてきます。網膜静脈の形も変化してループ状に変形するところも出てきます。レーザー治療が必須です。

重症増殖網膜症

軽症増殖網膜症がさらに進行すると、重症の増殖網膜症になります。硝子体出血を起こし、視力も低下しています。進行すると、血管新生緑内障や網膜剥離を合併して、失明してしまう危険が非常に高くなります。

糖尿病黄斑浮腫

黄斑と呼ばれる、物を見るために重要な網膜の中心部に、浮腫(むくみ)を生じる病態です。物を見る中心が関わる病態であるため、視力に直結します。浮腫が出た場合には、早期に抗VEGF硝子体等の治療を開始することで、現在の視力を維持できるようになります。

糖尿病網膜症の検査

上述のように、初期では自覚症状がないため、症状が出てからでは手遅れになります。定期的な診察が必要です。
  • 眼底検査:網膜症のステージや状態を診断するために必須です。
  • 光干渉断層計(OCT):糖尿病黄斑浮腫の診断に有用な検査です。

糖尿病網膜症の治療

糖尿病網膜症の治療は、網膜症のステージによって異なります。ただし血糖コントロールを行うことは、各ステージでの基本的な治療になります。

網膜光凝固(レーザー治療)

網膜にレーザー光線を当てることで、網膜に熱凝固を加え、炎症を抑え、新生血管の発症を抑える治療です。増殖前網膜症では、重症増殖網膜症へと進行を抑え、状態を落ち着けるために、早期のレーザー治療が必要になります。増殖前網膜症の後半~増殖網膜症になると、網膜全体に光凝固を行う「汎網膜光凝固(はんもうまくひかりぎょうこ)」を行います。また、毛細血管瘤が発生し浮腫が生じた場合にも、レーザー治療を行います。

抗VEGF硝子体注射

糖尿病黄斑浮腫では、黄斑部(網膜の中心部分)に対する治療が必要になります。抗VEGF硝子体注射は、眼内に抗炎症物質を注射することで、網膜の浮腫を低減し、視力を改善を目指す治療です。

ケナコルトテノン嚢下注射

主に糖尿病黄斑浮腫に対する治療です。眼内にステロイドを注射すること炎症性物質が減少し、黄斑浮腫を低減します。

硝子体(しょうしたい)手術

増殖網膜症に至った場合や硝子体出血を繰り返す場合に適応になります。網膜を元通りに治す治療ではなく、網膜症の進行を予防し、さらなる悪化を食い止める治療になります。