近視とは、屈折異常(ピント位置の異常)の一種であり、正常では網膜上に結ばれるピントが、網膜より手前で結ばれてしまう状態です。現在、近視の罹患率は、50年前の20%程度から40%以上と大幅に増大傾向にあり、日本での中途失明・視覚障害の第5位とされています。近視の度数が-7.0Dを超えるような強度近視(病的近視)では、眼軸と呼ばれる眼の奥行の長さが、著明に延長します。眼軸の延長は、正常の発育過程でも起こりますが、それ以外にも様々な原因が考えられています。

近視の原因

近視の原因としては、眼球の長さ(眼軸)が正常よりも長い場合と、角膜や水晶体の屈折力が大きい場合とがあります。この眼軸が長くなる原因として、現在、遺伝因子と環境因子の2つが考えられています。環境因子としては、遠視性デフォーカス(より近くを見ることの繰り返し刺激)や屋内での暗い場所での近見作業、バイオレットライト(紫色の光)の関連などのも報告されています。また、一例ではありますが、動物実験において、成長期の動物から視覚刺激を遮断すると、ボケた像を網膜に結ぶように眼球のサイズが変化して、眼軸が伸長します。(形態覚遮断近視)
  • 眼軸の延長
  • 水晶体・角膜の屈折異常

現代人に多い仮性近視とは?

眼の中のレンズ、水晶体は厚みを変えることによってピントの合う位置を変える「調節」を行っています。近くを見るときには毛様体筋を収縮させ、 水晶体が厚くなり近くにピントを合わせます。近くのものを見続けたり、パソコン等のモニターを長時間見ていると毛様体筋に強い緊張が生じたり、けいれん状態になることによって、調節痙攣(仮性近視)が起こります。この状態が長く続くと、近くに調節が固まったままとなり、遠方の裸眼視力の低下、眼精疲労、頭痛・肩こりなどの不定愁訴の原因となることがあります。

近視の治療(進行予防)

1.点眼薬(ミドリンM・低濃度アトロピン

ミドリンMや低濃度サイプレジン点眼などの調節麻痺薬は、毛様体筋の緊張状態を取り去り、筋肉が弛緩して水晶体が伸びるようになり、仮性近視の症状を抑えることができます。最近では低濃度アトロピン点眼が、副作用を最小限にして、かつ近視進行抑制効果が得られることが海外の論文で報告されていて、現在日本の大学でも臨床試験が始まっています。

2.屋外環境眼鏡と照明

毎日 2 時間以上の屋外活動をすることにより、近視発症率を下げられることがわかってきました。屋外 と類似の環境を得られる眼鏡と照明を室内で使用することによって、近視抑制効果が得られると考えられています。

3.視力訓練器(WOC・ワック)

5分間(6シーン)立体風景を見ることで、近く合った緊張したピントを緩和し、より遠くに合わせます。